沖縄の海で専門的なダイビングには許可証が必要です

韓国では先ごろ大きな海難事故が発生していますが、この時に活躍したのが専門的なダイバー達です。 四海を海に囲まれてた日本でも海上保安庁の海猿などで職業的にダイバーとして活躍している多くの人達もおります。

これ等は何れも専門的な潜水士・ダイバーともいいますが、一般にスクーバダイビングといい、今時はレジャーダイビングを示すことも多いようです。

最近は特にマリンスポーツといって、シュノーケリングやスキューバダイビングが盛んなようですが、海中では深いところの方が、海中の様子、景観や魚の種類も多く、見るべきものがあります。 特に、国内では沖縄のダイビングが非常に人気だと言われています。

勿論、ダイビング、特にスキューバダイビングには深い潜水能力や空気ボンベなどの機材が必要になってきます。 深い水圧に慣れて、安全に呼吸もしなければならず、その為にはしっかりとした講習を受けなければなりません。

一般には、特に沖縄のダイビングスポットなどでは、安全なダイビングの為に、講習や実技が任意の公認の団体が主唱して行っていますが、その主なモノにまず初心者用では「Cカード」というのが取得することが必要になります。

正式名はCertification Cardの略で、所定のコースを修了したことを証明するものです。 これは、「ダイビングに必要な技術と知識を習得した」ことを証明するもので、一度取得してしまえば更新の必要がない永久資格です。 ただ、このライセンス制度は資格試験ではありませんが、自分の体や健康、生命に関わることでもありますので、しっかり講習を受け認証受けてからスタートすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です